わたくしが悦楽に思っている時間や寫眞やモノをほんの少し、このBlogに置いています。楽しんでいただければ幸いです。Copyright (C) 2000-2011Rolleifan. All Rights Reserved.
by rolleifan
<   2008年 12月 ( 17 )   > この月の画像一覧
Aoyama君とお散歩
12月30日
前日から遊びにきていたAoyama君と多摩川の河川敷を散歩した。
わたくしはRolleiflexをぶら下げて。
とても良い天気であった。
しかし、わたくしの撮る寫眞向きではない、雲一つない状況。
仕方が無いので、デジカメでAoyama君を撮ってみた。
c0101503_82616.jpg

この年の瀬なんだかちょっと違いますね。
昨年はAoyama君と「はじらい」というエロ映画を見たのだけれど
今年はそんな気分でもない。
今日は大晦日。
夕刻から恒例の丸ビル丸キューブで丸の内合唱団「第九」の生中継である。
Aoyama君がディレクター、わたくしはキャメラを操作するのであろうか?
本年最後のお仕事。
これで、一年が終わるのである。
話は変わるが、
アクセス解析を見ると一日に250人ほどがこのBlogを見てくれているらしい。
仕事仲間や古い友人が大半のようである。
彼らからの書き込みが無いのが寂しいが(笑)
有り難う御座います。
見ていてくれることに感謝致します。
皆様良いお年をお迎えください。
来年も宜しくお願い致します。
[PR]
by rolleifan | 2008-12-31 08:21
忘年会
一週間ほど前に気のおけないいつもの仲間にメールを書いた。

お世話になっております。
さて、今週の土曜日12月27日
夕刻17時から鍋会議を行います。
あくまでも会議です。(笑)

この不況を映像に関わる我々がどう乗り越えるのか?
テーマは大仰に「映像の未来」
お洒落な大人の未来の映像制作について語り合えればと思います。

土曜日夕刻、次々に仲間が集まってきた。
演出家やキャメラマン、照明技師などもう何十年も付き合っている気心の知れた連中である。
毎年どこかの店でやるのだけれど、今年は我が家で行うことにした。
だから、今年の料理担当はうちの家内。
最初の料理はケッパーいっぱいスモークサーモンのサラダと我が家特製のヒレカツ。
黒こしょうの効いたこのヒレカツが旨いのである。
胃壁に脂の幕を張り酒があまり回らないようにするという作戦なのだ。
わいわいがやがややっていたら、ある時間になって、テーブルの上が鍋に変わる。
白菜、椎茸、エノキ、舞茸、豆腐に水菜、たっぷりの野菜と今が旬の鱈である。
鱈チリというか鱈の白子がメインの鍋。
一口大に切り分けられた白子を鍋に入れてすぐにポン酢でいただく。
旨いのである。
うどんにするか雑炊にするか?
みんな上機嫌で盛り上がった。
「いい店だね」
みんなで大笑いした。
深夜まで映像の未来について色々話し合った。
様々な考え方が有るものである。
日付が変わる。
一人、また一人、来年もよろしくと言って帰って行く。
最後には酔っぱらったAoyama君がいつものように訳の分からぬ天皇制に関しての
世迷い言を言い出して解散となった。
そしてAoyama君はうちに泊まることに。
朝。
眠そうなAoyama君を風呂に入れて朝食にした。
最近の我が家の朝食はご飯と生卵、白菜のお漬け物、昆布と椎茸の甘辛煮、
大根とわかめのみそ汁、それらに加えて鯵の干物か鮭の焼いたのが出てくる。
「旅館に泊まったみたいですね。」とAoyama君。
たしかに旅館の朝食のようだ。
彼が旨そうに食うのを見ながら来年も頑張らなくては!と思った。
極々私的悦楽生活
[PR]
by rolleifan | 2008-12-29 10:17
頑張れテレビ局!
世界中がこれだけ不況になり日本の企業も広告費を押さえるようになって、
テレビCMの制作を行っているわたくしの会社も大変なことになっています。
テレビ番組もそうとう予算が削られているのか、つまらない番組ばかり。
だからこそ今テレビ番組を企画してみようかなどと言っていたのですが…。
今日、テレビを見ながら話をしていたら家内が面白いことを言い出したのです。
「テレビ局はこの状況をチャンスと思わなければ駄目だ。」と言うのです。
インターネットに負けたとテレビ局は言っているが、これだけ不況になるとインターネットという有料のメディアは考え直されるだろうと言うのです。
インターネットはプロバイダーに月額何千円も払わなければならない。
失業者が増え家賃にも困るような時代。
アンテナとテレビが有れば民放はある意味ただで楽しめる。
情報を得ることの出来るテレビが見直されるというのです。
日本のテレビはNHKの受信料さえ払えば良いのです。
受信料は地上契約2ヶ月払い2,690 円 、6ヶ月前払い7,650 円、
12か月前払額14,910 円
インターネットよりはかなり安い。

なるほど。

2011年7月に地デジ用にシステムを変えたとしても、
毎月民放各社にはお金を払うことはなく情報を得ることが出来る
このテレビというメディアは面白い。
この不況は民放にとっては起死回生のチャンスなかもしれません。
そう考えることも出来ますね。
そのかわり、凄く魅力的なコンテンツを創らなければ駄目なんですけど。
今のような番組のままでは駄目です。
広告主が金を出してくれるからコンテンツを創っているではないのです。
魅力的なコンテンツだから視聴率が上がりそれに対して広告主が集まる。
テレビ局はコンテンツというものが元来どういう思いで創られたものだったのか、
原点に戻って考え直して欲しいものです。
そしたら、視聴率も上がり、出向も増え、テレビCMの制作も増える!
わたくしの会社も仕事が増える。
テレビというメディアも復活するのではないか?
風が吹けば桶屋が儲かるではないが、なかなか面白い考えだと思う。
頑張れテレビ局!
ちょっと本気で番組企画、考えてみようかな?
[PR]
by rolleifan | 2008-12-26 21:50
LIVE
昨日はニッポン放送のSuono Dolce
http://www.suono.jp/のChristmas Liveをお手伝いした。
丸ビル丸キューブでのイベントをインターネットで生中継するというものだった。
5時間ほどの生中継。
ひぇー5時間ですか!
打ち合わせのときに声が出た。
24時間テレビとかは大変なんだろうなと思っていたが、
なんちゃってテレビ局のスタッフで5時間の生中継なんて想像を絶するものである。
さすがにスタッフが気を使ってくれて、わたくしはキャメラマンではなく遊軍。
SD4カメの生中継である。
インターネットにストリーミングで流れるということは、
全世界の人間が見れるということである。
大手町・丸の内・有楽町のエリアビジョンが、いきなり全世界に。
それも5時間の生中継である。
取は人気のはるな愛さん、笑わせていただきました。
スタッフも全員良く頑張ってくれました。
凄く好評であったし、クオリティーも高かったと思う。
ちゃんとしたリハーサルなしでここまで出来るのは、
6年間もの間、打ち合わせも無いようなぶっつけ本番の
イベントの生中継ばかりやって来たからかな?
自慢して良いのやら、恥ずかしく思わなければいけないのやら、
でも凄く充実した生中継でありました。
その後深夜11時、山本泰彦監督の事務所SOUPのパーティーへ。
CMの業界人が100人くらい。
玄関から入ることが出来ないように盛況でした。
それでもなんとか潜り込み、美味しいワインをいただきました。
懐かしい弊社の卒業生にも会えてとても良い一日でした。
明日はCHEMISTRYを丸ビル丸キューブで生中継。
体力はいるが楽しい毎日です。
極々私的悦楽生活。
[PR]
by rolleifan | 2008-12-23 12:01
古いアルバムから 1992年頃 London
この頃のわたくしは海外ロケばかりだった。
この寫眞はあるF1のチームのCMを撮影する為にロンドンに行ったときのもの。
F1のチームを追いかけて数週間滞在しヨーロッパの様々なサーキットを
渡り歩くことになった。
この前の年、1991年にもロンドンからスコットランドにかけて2週間ほどのロケを行っている。
c0101503_840528.jpg

その結果わたくしは献血が出来ない人間となった。
昭和55年(1980年)以降、平成8年(1996年)までに1日(1泊)以上イギリスに
滞在した人間は日本では献血できないのである。

変異型クロイツフェルト・ヤコブ病に感染しているおそれが有るかららしい。
いわゆる牛海綿状脳症(BSE)、狂牛病である。
牛肉は食ったか?食ったな。(笑)
そんなことは今となってはどうでも良いけれど。
この寫眞はバブル崩壊直前であるがまだ実感が無かった頃である。
もう一度このころのようにバブリーな時代が来ないものか。(爆)
世界的な経済不況を目の前に、そう思うのである。
馬鹿だね!
来年は丑年か。
[PR]
by rolleifan | 2008-12-23 09:12
引越パーティー
Aoyama君が大倉山に引越したので昨日、引越のお祝いに行った。
駅から徒歩15分。
結構な坂を登り下る。
やっぱり鍋でしょう。
焼酎とビールを持って行った。
日当りの良い明るい部屋だった。
「良いね、落ち着くじゃない。」
「白金高輪より良いよ。」
c0101503_13859100.jpg

夜9時くらいにたかべえ君もやってきて楽しい鍋パーティー。
わたくしはいつものように早く眠ってしまった。
彼ら二人は深夜遅くまで話し込んでいたらしい。
窓からの光で朝7時くらいに目が覚めた。
二人はまだ眠っている。
何もやることが無いのでデジカメを首からぶら下げて散歩に出てみた。
c0101503_1305844.jpg

この寫眞はAoyama君の住むアパートの3軒お隣の窓。(笑)
同じ向きである。
5分ほど歩くと小高い山の公園が有った。
c0101503_1311765.jpg
c0101503_1311322.jpg

落ち葉がとても美しかった。
c0101503_13115982.jpg
c0101503_13122455.jpg
c0101503_13124296.jpg
c0101503_13131382.jpg
c0101503_13133324.jpg

とても良い公園である。
気に入った。
また遊びにこよう。
Aoyama君にお土産を持って帰った。
そっと置いて帰ったのだけれど、気に入ってくれるかな?
c0101503_1316764.jpg

[PR]
by rolleifan | 2008-12-21 13:17 | Column
子猫
実はその昔、15年ほど前のこと
紳士服のCMで雪の降る寒い街に立つ男のコートの胸元から
子猫が顔を出すというシーンを撮影したことが有る。
とても愛くるしい表情の可愛い子猫だった。
その子猫、撮影後絶対にスタッフの誰かが飼うという
約束のもとに調達されてきたものだった。
撮影終了後、制作部がスタッフ全員に聞いたが
可愛いとは言うが、誰も飼うとは言ってくれなかったらしい。
制作部が困り果てていた。
しかたなくわたくしが自宅兼会社のアパートメントに連れ帰り
飼うこととなった。
勿論、賃貸契約には動物を飼ってはいけないと記されている。
窓を閉め切って秘密にして飼っていた。
名前は「GON!」
その当時、弊社でCGの製作をしていた宝くじのCMに出ていた
漫画のキャラクターの名前をそのままいただいた。
猪突猛進な感じ。
まるでそっくりであった。
夜になってわたくしが寝ようとすると布団の中に入ってくる。
足にくっついてくるのである。
やめてよ!
振りほどいても、振りほどいても
足に抱きついて眠ろうとする。
愛情がわいた。
とても可愛いと思った。
あるときロケから帰ってきたら「GON!」がいない!
一緒に会社を経営していたキャメラマンがベランダに出したというのだ。
そのまま姿を消したと言う。
「腹が減ったら帰ってくるよ。」
あまり後先を考えないキャメラマンであった。
ちょっと心配になった。
その心配は案の定…。
「GON!」は大家さんのベランダに置いてあった盆栽をめちゃくちゃにしたらしい。
数日後、大家さんから退室要請。
キャメラマンは責任を感じたのか「GON!」の引取先を見つけてきた。
別れの日、朝まで一緒に遊んでやった。
今はどうしているのだろうか。
[PR]
by rolleifan | 2008-12-19 08:29 | Column
1991.9.28
暇なのでアルバムを整理していたらこんな寫眞が出てきた。
1991年いまから17年ほど昔の寫眞。
わたくしが会社を設立した年である。
1LDKのアパートメント。
ここから全てが始まった。(クリックすると大きくなります)
c0101503_11204980.jpg
何の為に撮ったのか?
日付が入っているというのはどんなカメラで撮ったものなのか?
CLEって日付を入れられたか?
全く覚えていないのだが、確かにわたくしの世界である。
会社設立のときに作ったロゴマーク入りのグラスが懐かしい。
もう一つも残ってはいないが。
[PR]
by rolleifan | 2008-12-17 11:25 | Column
帰ってきた寫眞
銀座のギャラリーに預けていた寫眞が帰ってきた。
懐かしいな。
売れなかったのね。(爆)
でもそれが嬉しい気もする。
ギャラリーのスタッフの方々有り難う御座いました。
c0101503_7322829.jpg
驚いたのは箱に貼られたタグというのだろうか↓これ。
c0101503_7324477.jpg

凄く丁寧に管理されていたのですね。
知らなかった。
勉強になりました。
もう少し作品を売る為の努力をしてみましょうか?
極々私的悦楽生活
まじで。
Aoyama君、頑張りますね。
[PR]
by rolleifan | 2008-12-12 07:37 | Column
ちょっと絵を描いてみました
アンドリューワイエスを見たあと非常におこがましいとは思うのだけれど
なんだか無性に絵が描きたくなって・・・
家の中を探しまわったらクロッキー帳があったので何かを描いてみようと思った。
何を描こうか?迷った末にわたくしの寝室に有った盆栽を描いてみた。
クロッキーするなんて何十年ぶりだろう。
「椿」です。
でもやっぱり駄目ですね。
腕が鈍っていると言うか見せ所が解らない。
濃淡が作れない。
椿の葉の厚みが出ない。
それだけではないのですが。
10分ほどで諦めてしまった。
枝が一本無いのはわたくしの嫌いな枝だから。(爆)
その分小さくなっています。
中学生のような絵になってしまった。
c0101503_8511721.jpg

それでもサインと落款押したらなんとか見えるだろう!
「どうだ!」はとらさちお姉様か?(笑)
遊びだからね。
極々私的悦楽生活。
その盆栽はこちら。
良く見たら真ん中には植えていないのだよね常識的に。
自分が植えたのだから解っているはず。
鉢の比率もおかしすぎる!アハハハハ(爆)で御座います。
自爆〜!
c0101503_0414468.jpg

[PR]
by rolleifan | 2008-12-10 00:40 | Column