わたくしが悦楽に思っている時間や寫眞やモノをほんの少し、このBlogに置いています。楽しんでいただければ幸いです。Copyright (C) 2000-2011Rolleifan. All Rights Reserved.
by rolleifan
カテゴリ:Column( 132 )
藝大ARTS in 東京丸の内
昨日は藝大ARTS in 東京丸の内のオープニングセレモニーで東京藝術大学の宮田学長などが面白く場を盛り上げた。
午後からの藝大アニメーション♪音♪ステージでは伊藤有壱教授が面白いアニメーションと邦楽とのコラボレーションなどを披露してくれた。
彼は数年前に仕事をお願いしたことも有り、久しぶりの再会に喜びを覚えた。
夕方からはピアノの連弾で聴く交響曲。
ブラームスの交響曲第4番短調作品98とドボルザークの第9番ホ短調作品95を聴く。
数々のイベントの撮影立ち会い。
楽しいひとときであった。
丸の内、なかなか面白い。
[PR]
by rolleifan | 2010-10-27 18:26 | Column
そろそろ河豚の季節
わたくしが会社を設立した頃のことである。
父が東京へ出てきてわたくしの会社の様々な申請などを手伝ってくれた。
当時彼はもう年金生活。余裕なのである。
でもきっと何かやりたかったのだろうな、と思う。
或る日、仕事も良く出来て飯でも食いに行くか?となった。
ちょうど今頃の季節である。
父がどこから聞いてきたのか、
「新橋に旨い河豚を食わせる店があるらしい」
というのである。
河豚が美味いと思ったことが無いわたくしは
別段行きたいとは思ってはいなかったが、
父が言うのだから行ってみようと一緒に駅に向かった。
そのとき、父が「いかん!入れ歯を忘れた!」というのである。
やれやれ参ったなという思いで、またわたくしの自宅兼事務所までもどったのである。
そのとき父は悲しそうに「すまんな」と言ったのである。
この一言を忘れることは出来ない。

その後、色々有ってわたくしは結婚することになるのだが、
結婚したかみさんが無類の河豚好きで色々な店に良く行った。
極め付きは五反田に有った高級河豚屋。
巨人軍のメンバーがかなり来ていた。
とても美味しく河豚を出してくれる店だった。
結婚後、家内の母や、わたくしの両親と河豚を食うことになる。
娘が産まれてからも何度か行った覚えが有る。

コースのてっさ、天ぷら、てっちり、雑炊とかも、めちゃくちゃ旨かったが、
忘れられないのは白子の塩焼き。
!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!
こんな旨いもん食ったことが無いという感じ。
やばいのである。
かなり高額だが、何度か行った。
娘がその味を忘れずにいるのが一番まずい話である。
「好きな食べ物は?」と聞くと
今でも「河豚」と答える。
これからの季節かなりやばい。
[PR]
by rolleifan | 2010-10-12 00:39 | Column
知人の死
ここ3ヶ月で知人が3人亡くなった。
ひとりは8月に54歳もうひとりは9月に45歳そして今週52歳。
皆早すぎる死である。

享年54歳の男は音楽のミキサーで伊豆高原の別荘地でひとりで仕事をしていた。
一昨年娘さんに子供が生まれておじいちゃんになったと
嬉しそうに話をしてくれたのを覚えている。
TV-CMは勿論モーターショーなど数多くの仕事をお願いしていた。
死後3週間ほど発見されずにいたという。

享年45歳の男は島根県で会社を興し島根独特の映像を制作していた。
島根県の映像文化を刺激したいとわたくしに講演を依頼してくれたりしていた。
あるひとは彼のことを「将来政治家になるのではないか?」と語っていた。
人望の厚い男だった。

享年52歳の男は大阪でサーバービジネスをやっている会社の取締役だった。
レンダリングファームで一緒に仕事ができないかと色々検討していたが
実現しなかった。
しかし打合せの度に仲良くなっていった。
気さくな良い男だった。
今日がお通夜だという。

改めて合掌した。
ご冥福をお祈りします。

気の重い今日この頃である。
[PR]
by rolleifan | 2010-10-06 13:47 | Column
思い出される絵画のこと
一人で飲んでいると、ときどきふと思い出す絵画がある。
多感な頃に出会った作品である。
「鴨居 玲」
彼の絵と出会ったのは神戸にある美術館であったであろうか?
定かではないが、
見た瞬間、
心の奥までズドーン!!!!!と来た。
頭がくらくらした。
なんとダークな世界観なのか?
圧倒的なパワー!
怖いほど深い。
最初は日本人の作品だとは思えなかった。

つばを飲み込んだ。
打ちのめされた。
とても長い間見とれていた。

そんなわたくしを見ていた美術部の後輩に
「ちょっと凄い!」
若いわたくしは偉そうに、そう言った。

今日またYouTubeで出会い、そのパワーを思い出した。
とても素晴らしい。
鴨居玲の作品が大好きです。
今は言える。
「凄い!」

油彩をもう一度やってみたいと思う自分がいる(笑)



鴨居玲に関しての分かりやすいページがあったのでLINK。無断ですが。

[PR]
by rolleifan | 2010-09-20 06:44 | Column
名刺
あるとき・・・
ふと、
演出に戻ろうか・・・、
と思った。

今ならまだ間に合うのではないか。
そう思ったのである。

22からはじめて40過ぎまで企画演出が中心であったが
会社のCG部門が忙しくなって、SFX/CGのプロデューサー・ディレクターになってしまった。
そのうえイベントの映像のプロデュース、デジタルサイネージのコンサルタントなどの仕事が増えてきて映像の演出から離れていたのである。

そして、
9月からSOUPというマネジメントオフィスに企画演出として参加することになった。
会社の仕事は今まで通り。
映像の企画演出に関してのスケジュール管理などをSOUPにお願いすることにした。

今朝早くに宅急便が届いた。
SOUPからである。
わたくしの新しい名刺が入っていた。
c0101503_10142471.jpg

映像の企画演出のお仕事がございましたら
宜しくお願い致します。
[PR]
by rolleifan | 2010-09-09 09:46 | Column
父のこと、そして煙草のことなど、少し
父が突然煙草をやめた。
「お母さんより長く生きていなきゃいけないから」
「彼女を最後まで看取ってやらなきゃいけないから!」
と、言って煙草をやめた。
「お母さん」とはわたくしの母のことである。
「彼女」も勿論母のこと。
今になって思えば自分自身で何か自覚症状があったのか?
父は煙草をやめてから飴を舐め始めて体重が増えた。

煙草税が上がると言う。
わたくしの吸っているPARLIAMENTは現在350円
増税後は470円になるらしい。

どこかでも書いたが煙草には凄い税金がかけられている。
たばこ税は国たばこ税・地方たばこ税(都道府県たばこ税・市町村たばこ税)
たばこ特別税・消費税で構成されている。
その内、国たばこ税は23.2%
都道府県たばこ税は約7.2%
市町村たばこ税は22%
たばこ特別税は6.1%
消費税は5%
国が金を失うと書く「国鉄」の負債精算のための「たばこ特別税」
JR山手線が全面禁煙とはどういうことか?

今の金額で一箱あたり222.25円納税している。
年間にすると81,121.25円納税しているのだ。
今回PARLIAMENTは一箱120円も上がる。
1日約一箱吸うので年間43800円追加納税することになる。
合計すると124,921.25円納税。
この金はどこに行くのだろうか?
それぞれの税金のパーセンテージが上がるのだろうか?
それとも国の負債を補うために使われるのだろうか?
「健康への影響を考えた基準で課税する」という訳の分からぬ説明。
本当に健康を考えるのならば大麻や麻薬のように法律で煙草を禁止するべきだ。
税金が欲しいのならば、もっと喫煙者にやさしくしろと言いたい。
都道府県・市町村・JRは喫煙所を作るべきだし、
その案内のためのサインも作るべきである。
勿論国も喫煙者のために何か考えてほしい。
元々は国が販売していた訳だし、また増税する訳だから。
次の総理大臣は管さんでも小沢さんでも良いけど、
物質的にも精神的にも豊かな国にしてほしいものだ。

体重の増えた父は毎日家の前の河原を1時間ほど歩いた。
母はベランダに出てそんな父に手を振っていた。
そして半年後、父は帰らぬ人となった。

煙草は人が創り上げた文化である。
わたくしは煙草をやめない。
絶対にやめない。(笑)

或る調査によると喫煙人口は2,601万人だそうだ。
年間ひとりあたり10万円納税するとして計算すると
2,601,000,000,000円!ってどうよ!
[PR]
by rolleifan | 2010-09-06 07:57 | Column
三菱が夢見た美術館
昨日は関係者招待日だったので三菱一号館美術館で
「三菱が夢見た美術館 岩崎家と三菱ゆかりのコレクション」を見る。
前回の「マネとモダン・パリ」でも感じたのだが、この美術館は普通の美術館ではない。
館長の高橋明也さんのイメージなのだろうか?
単に絵画などを見せるだけではないようなムードが漂っている。
非常に学術的なのである。
わたくしとしては嫌いではない。
ターゲットが高齢者なのだろうか?(笑)
c0101503_107498.jpg
公益財団法人静嘉堂や財団法人東洋文庫などから集められた国宝や重要文化財などの数々。
これだけのものを一箇所で見ることはおそらく二度と出来ないだろう。
三菱の重鎮荘田平五郎などによって明治20年代に計画されていたという「丸の内美術館」
見事に完成したと言えるのではないか。
[PR]
by rolleifan | 2010-08-24 10:19 | Column
新しいメガネ
新しいメガネBURBERRY BLACK LABEL 箱入りで来た〜!
1ヶ月以上前にメガネを踏んで壊してしまってからメガネ無しの生活。
視力はそんなに悪くはないので、世の中を見ずに暮らして行こうかと
考えていたのだが・・・。
先日、家内に映画に行こうと誘われ・・・・う〜ん、困ってしまった。
で、仕方なくメガネを作った。
そのメガネがこれ!
c0101503_12333948.jpg
後ろに有るRay-Banには渓流釣りのための度付きの偏光グラスが入っている。
また、世の中を見なきゃなんないのだなぁ!(笑)
[PR]
by rolleifan | 2010-08-23 12:36 | Column
「今は亡きヘンリー・モス」 其之後
20日の生中継ではスタート時に音声が突然おかしくなってドタバタでした。
それに伴いカメラのスイッチングも最初切り替えることが出来なくて、
お見苦しいところをお見せしてしまい申し訳有りませんでした。
この直前対談生中継も終わり弊社のUSTREAMでの実験が終わりました。
万全の準備態勢でもいろいろなトラブルが発生しました。
これらの経験を生かして新しい映像作りにチャレンジして行こうと思います。
ちなみにアーカイブスは好評でUSTREAMの視聴数は本日午前の段階で2150でした。

さて、「今は亡きヘンリー・モス」お芝居は本日22日から29日までの10回公演、
一人でも多くの方に観ていただきたいものです。

好評につき9/9〜9/16迄の「F.+2(エフプラスツー)」も少しお手伝いすることになりました。(笑)
ご期待ください。
c0101503_13184717.jpg
◆御詫び◆
出演を予定しておりました高藤真奈美は体調不良のため降板いたしました。
替わって根岸つかさが出演いたします。何卒ご了承下さいませ。

だそうです。
[PR]
by rolleifan | 2010-08-22 13:19 | Column
「今は亡きヘンリー・モス」 其之四
本日はUSTREAM実験の最終日。
午後5時から15分〜30分程度の生中継。
出演者によるスペシャル対談!
http://www.ustream.tv/channel/akasakaredtheater
是非ご覧ください!
ツイットしてくださいね。
宜しくお願い致します。
下の画像は弊社のUSTREAM研究室(爆)
c0101503_1155324.jpg

[PR]
by rolleifan | 2010-08-20 11:19 | Column