わたくしが悦楽に思っている時間や寫眞やモノをほんの少し、このBlogに置いています。楽しんでいただければ幸いです。Copyright (C) 2000-2011Rolleifan. All Rights Reserved.
by rolleifan
お気に入りブログ
秋葉OLの楽しみ探し
rambling abo...
ニューヨークの遊び方
★miyack.blog...
square gall...
--冩眞日和--つれづれ...
フォトブログwdbear
Ever Green
一花一葉
Junk's
Tokyo PhotoS...
Bonjour! 二眼レフ
Slow Photo Life
夜ごとの美女
fukafuka's p...
ヒトは猫のペットである
*Monochrome+...
aiai @cafe
APS
母ちゃんちのご飯
○屋店主の宣い
日記
camera obscura
One photograph
伊藤計一のブログ
TOMIO KOYAMA...
TENORI-ON開発日誌
everything b...
so , it goes.
おばちゃん天国
Afterglow 1
Icchiy*s Pho...
キオクノキロク
KoZaLog -風景観察感-
結果ローライ
半径100マイル
withcolor - ...
DAY BY DAY
きまぐれオヤジの写真帖
Square Tokyo
Ever Green E...
正方形×正方形
■今日もはれ
にごろぶなの歌
うらない天国
ときどきの色
川裾の季節便り
■おお『空』見よ
光と影を肌で感じて
カテゴリ
Rolleiflex
EOS 5D Mark Ⅱ
PowerShot
Mac
iPhone
iPad
YouTube
Books
Exhibition
Column
外部Link
Profile
ブログパーツ
人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
カテゴリ:YouTube( 4 )
HOPE 「街の活気と灯りが元に戻りますように」
2月の終わりに社員が 「Time Lapse撮影の実験をしたいのですが」と言って来た。
ちょうど仕事が片付いた頃だったので許可した。
後日撮影をした素材を見ると結構良く出来ている。
「何かに使えるといいねぇ!」と言ったまますっかり忘れていたのですが・・・。
作品になっていた。
弊社社員とブレーンのカメラマンが制作した作品です。
「街の活気と灯りが元に戻りますように」との思いで創ったとのこと。
賛否両論が在るとは思いますが、まじめな気持ちで作ったのだと思います。
見てやってください。
ハイビジョンなのでYouTubeのサイトで見ていただいた方が良いと思います。
http://www.youtube.com/watch?v=Lgt2TUppX5s

[PR]
by rolleifan | 2011-03-21 15:16 | YouTube
YOKOHAMA
社会人になったばかりの頃、もう30年も前の話だが、
わたくしを可愛がってくれたふたりの先輩がいた。
ひとりは以前に書いた私を面接して採用してくれた先輩。
最近は一緒に寫眞を撮りにいったりしている。
もうひとりは音楽好きのテレビのディレクター。
ボロボロのブリティッシュグリーンのオープンカーに乗っていたのを覚えている。
なんだか気があって三人で毎晩のように遊んでいた。
その先輩は音楽好きということも有りミュージシャンとも親交が多かった。
大阪兎我野町のポテトキッド、通称「ポテキ」にもよく連れて行ってくれて
数多くのミュージシャンと飲み明かした。
そのころ、先輩が教えてくれたのがこの曲である。
その先輩は数年前に亡くなってしまったが。

わたくしが横浜を撮っているときいつも頭の中に流れている曲である。
特別な思いのある曲なのである。


[PR]
by rolleifan | 2009-11-10 09:06 | YouTube
BRAVAS
子供の頃に見て格好良いと思っていたCMがYouTubeにアップされていた。

昔のCMが大人向けだったように思うのはわたくしだけだろうか?
洗練されている。
今、メディア全体が大人思考に戻らなければならないような気がする。
番組もCMも。
誰がこんな馬鹿メディアにしたのだ?
多分*テレビだろう。
アホな金持ちのぼんぼんを入社させすぎたのだ。
この影響が我が国の若者の教育に影響しているのではないかと思うのは
わたくしだけか?
もう一度見たいなと思っていたCMがYouTubeでいろいろ見れる今日この頃。
寝不足が続いている。
[PR]
by rolleifan | 2009-02-09 09:49 | YouTube
ロビンソン
YouTubeの映像がはれる様になったのですね。
わたくしがカラオケで指名されたとき良く歌うのはスピッツの「ロビンソン」
1995年に発表された曲である。

なんだか好きな歌なのです。
曲も良いけれど、詞が良いのです。
センチメンタルな言葉の積み重ねのバランスがたまらなく良い。
そして強さもある。
モノクロームの寫眞を撮るときにこの曲も口ずさんでいたりするのです。
図らずもプロモーションビデオがモノクロームであった。(笑)
[PR]
by rolleifan | 2008-10-10 20:55 | YouTube