わたくしが悦楽に思っている時間や寫眞やモノをほんの少し、このBlogに置いています。楽しんでいただければ幸いです。Copyright (C) 2000-2011Rolleifan. All Rights Reserved.
by rolleifan
お気に入りブログ
秋葉OLの楽しみ探し
rambling abo...
ニューヨークの遊び方
★miyack.blog...
square gall...
--冩眞日和--つれづれ...
フォトブログwdbear
Ever Green
一花一葉
Junk's
Tokyo PhotoS...
Bonjour! 二眼レフ
Slow Photo Life
夜ごとの美女
fukafuka's p...
ヒトは猫のペットである
*Monochrome+...
aiai @cafe
APS
母ちゃんちのご飯
○屋店主の宣い
日記
camera obscura
One photograph
伊藤計一のブログ
TOMIO KOYAMA...
TENORI-ON開発日誌
everything b...
so , it goes.
おばちゃん天国
Afterglow 1
Icchiy*s Pho...
キオクノキロク
KoZaLog -風景観察感-
結果ローライ
半径100マイル
withcolor - ...
DAY BY DAY
きまぐれオヤジの写真帖
Square Tokyo
Ever Green E...
正方形×正方形
■今日もはれ
にごろぶなの歌
うらない天国
ときどきの色
川裾の季節便り
■おお『空』見よ
光と影を肌で感じて
カテゴリ
Rolleiflex
EOS 5D Mark Ⅱ
PowerShot
Mac
iPhone
iPad
YouTube
Books
Exhibition
Column
外部Link
Profile
ブログパーツ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
目力
高校生のときに美術部の先輩から言われたことがある。
「絵を描いている時のお前の目が怖い」
社会人になってからも、ある仲間から言われたことがある。
「企画をしている時の目が怖い。撮影制作打ち合わせのときの目も怖い」
「撮影現場での演出の時、クライアントや役者さんと話したり説明をしている時は
穏やかだが、振り返った時の目はもの凄く恐ろしい」と言われたことがある。
これは飲みながらの話であるが…。
どちらも「目」の話なのである。

「目力」というものがあるらしい。
数年前に知った。

「アイ・コンタクト」と言う言葉がある。
「目は口ほどにものを言う」らしい。
人の目はどこまでの機能を持っているのだろうか?

飲み屋で会う女の子たちに言わせると、
わたくしは良くウインクをするらしい。
「誘われているのかと思った〜!」そうだ。
からかわれている。(笑)

真剣なまなざし、優しいまなざし、悲しいまなざし、不安なまなざし。
その目を見た人はどうやってその感情や思いを判断するのだろう。
それらは目の形で判断される物なのだろうか。
表情とセットなのだろうか?
ちょっと調べてみたい。

「目力」ちょっと面白い。
[PR]
by rolleifan | 2008-09-21 00:14 | Column
<< Canon EOS 5D Ma... ある古いネガから >>