わたくしが悦楽に思っている時間や寫眞やモノをほんの少し、このBlogに置いています。楽しんでいただければ幸いです。Copyright (C) 2000-2011Rolleifan. All Rights Reserved.
by rolleifan
お気に入りブログ
秋葉OLの楽しみ探し
rambling abo...
ニューヨークの遊び方
★miyack.blog...
square gall...
--冩眞日和--つれづれ...
フォトブログwdbear
Ever Green
一花一葉
Junk's
Tokyo PhotoS...
Bonjour! 二眼レフ
Slow Photo Life
夜ごとの美女
fukafuka's p...
ヒトは猫のペットである
*Monochrome+...
aiai @cafe
APS
母ちゃんちのご飯
○屋店主の宣い
日記
camera obscura
One photograph
伊藤計一のブログ
TOMIO KOYAMA...
TENORI-ON開発日誌
everything b...
so , it goes.
おばちゃん天国
Afterglow 1
Icchiy*s Pho...
キオクノキロク
KoZaLog -風景観察感-
結果ローライ
半径100マイル
withcolor - ...
DAY BY DAY
きまぐれオヤジの写真帖
Square Tokyo
Ever Green E...
正方形×正方形
■今日もはれ
にごろぶなの歌
うらない天国
ときどきの色
川裾の季節便り
■おお『空』見よ
光と影を肌で感じて
カテゴリ
Rolleiflex
EOS 5D Mark Ⅱ
PowerShot
Mac
iPhone
iPad
YouTube
Books
Exhibition
Column
外部Link
Profile
ブログパーツ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
子猫
実はその昔、15年ほど前のこと
紳士服のCMで雪の降る寒い街に立つ男のコートの胸元から
子猫が顔を出すというシーンを撮影したことが有る。
とても愛くるしい表情の可愛い子猫だった。
その子猫、撮影後絶対にスタッフの誰かが飼うという
約束のもとに調達されてきたものだった。
撮影終了後、制作部がスタッフ全員に聞いたが
可愛いとは言うが、誰も飼うとは言ってくれなかったらしい。
制作部が困り果てていた。
しかたなくわたくしが自宅兼会社のアパートメントに連れ帰り
飼うこととなった。
勿論、賃貸契約には動物を飼ってはいけないと記されている。
窓を閉め切って秘密にして飼っていた。
名前は「GON!」
その当時、弊社でCGの製作をしていた宝くじのCMに出ていた
漫画のキャラクターの名前をそのままいただいた。
猪突猛進な感じ。
まるでそっくりであった。
夜になってわたくしが寝ようとすると布団の中に入ってくる。
足にくっついてくるのである。
やめてよ!
振りほどいても、振りほどいても
足に抱きついて眠ろうとする。
愛情がわいた。
とても可愛いと思った。
あるときロケから帰ってきたら「GON!」がいない!
一緒に会社を経営していたキャメラマンがベランダに出したというのだ。
そのまま姿を消したと言う。
「腹が減ったら帰ってくるよ。」
あまり後先を考えないキャメラマンであった。
ちょっと心配になった。
その心配は案の定…。
「GON!」は大家さんのベランダに置いてあった盆栽をめちゃくちゃにしたらしい。
数日後、大家さんから退室要請。
キャメラマンは責任を感じたのか「GON!」の引取先を見つけてきた。
別れの日、朝まで一緒に遊んでやった。
今はどうしているのだろうか。
[PR]
by rolleifan | 2008-12-19 08:29 | Column
<< 引越パーティー 1991.9.28 >>